失敗を怖がる人が利益を出せない訳

失敗を怖がる人が利益を出せない訳

こんにちは、渡辺です。

 

国内転売において、
肝となる「仕入れ」。

 

ここが利益を上げるために、
まずはネックになります。

 

稼げていない人の9割は
「仕入れられません」
と言う理由だと思います。

 

あと1割は単純に「やってない」

 

では何故仕入れられないのか?

 

となると、、
1番大事なのは、

 

「成功体験、失敗体験を積む」

 

ことのような気がします。
陥りがちなのは、

 

・これ仕入れて平気か?
       ↓
・いや~モノレート動いているけど平気かな~
       ↓
・いくらだ?いくらで売れるんだ?
       ↓
・このくらいか?
       ↓
・売り切れ

 

「あ~、売り切れちゃった・・・」

 

もしくはこっちか、

・これ仕入れて平気か?
       ↓
・なんかモノレート動いているような・・・
       ↓
・いや~でも売れるか分からない
       ↓
・売れなかったらどうしよう?
       ↓
・止めておこう・・・

 

どちらかのパターンだと思います。
つまり、結局はアクションを起こせず、
「成功」も「失敗」も
経験出来ていないのが、

1番大きいと思います。

 

仮にAと言う商品を仕入れてみて、

 

「10000円で売れた!!」

 

と言う成功体験をすれば、
次にAを6000円で見かけたら
すぐに買うじゃないですか。

 

10000円で売れたんだから。

 

では6000円で見かけたけども、
誰かに先に買われてしまった。
となれば、どうすれば先に買えるか?
と思考するようになります。

 

そうすれば、次は今回よりも
買うための工夫をします。

 

工夫をし続けることで、
買える確率を上げていくんです。

 

では、Bと言う商品を仕入れてみて、

 

「全然売れない・・・」

 

となれば、次からBは
仕入れないようにしよう。
であったりとか、
モノレートの見方が間違えていた。

 

と考えます。

 

そしてBを仕入れるのを
止めたり、モノレートの
分析力のレベルアップになります。

 

もはや、失敗も成功するための
一部なんですよ。
もちろんわざわざ赤字になるものを
買う必要はないですが、

 

多少でも利益が出るのであれば、
最初の頃はどんどん仕入れるべきでしょう。
その経験は後々何倍にもなって
返ってくるんです。

 

だから仕入れ量が少ない人
と言うのは、もっと成功体験、
失敗体験をして、

 

「失敗体験の可能性を低くしていく」

 

ことをやらなければダメです。

 

たまにですが、コンサル生には、
利益を出るメルカリの出品リンクを
送り、これを買いましょう。

 

と言う感じで、利益が出る商品を
譲ったりします。

 

それはこの商品、モノレートは売れて、
利益が出せる、と言う成功体験を
してもらうためです。

 

動けない人に、こちらから強制的に
成功体験をさせることで、
経験値を増やしています。

 

なので、現在2ヶ月目ですが、
今月の利益が20万行きそうな人もいます。

 

大事なのは失敗も成功も
経験することなので、
手を止めずに、積極的に
商品と同時に、「経験」も
仕入れていきましょう!

 

それでは!