外注さんは自分のコピー

外注さんは自分のコピー

最近は外注化について思うところがあります。

 

あなたは外注化ってどんなイメージですか?

 

「自分の仕事が減って楽できそう」
「外注化って難しそう」
「どう指導していけば良いかわからない」

 

こんなイメージを持っていませんか?

 

外注化の最大のメリットは

 

「時間が作れる」

 

と言うところですよね。
ただ、初心者の人に多いのが、

 

「忙しいから楽してーーーー」

 

感の外注化を目指す人が多いですね。

 

いかん、、それはいかんですよ。。。

 

前回の優先順位の部分と繋がる部分がありますが、
ビジネスをやる以上、”利益”を上げる事が
最優先になりますよね?

 

つまり、利益に関わる部分に一番力を
入れないといけません。

 

国内転売で言うと、

 

「仕入れ」

 

の部分ですね。国内転売は仕入れ力さえあれば、
利益を上げる事が出来ます。

 

ですが、まずこの一番利益が上がる部分である、

 

「仕入れをまず外注化したい」

 

って方がまぁ多い。
良いんですよ?仕入れだって外注化した方が良いです。
ですが、利益をあまり上げる事が出来ていない人が、
それを外注化したところで、外注さんが自分以上に
利益を上げる仕入れが出来るかと言えば、

 

「出来る訳ない」

 

ですよね?野球で言えば、

 

「俺はピッチャーの球打てないし、スイングの仕方も
あんまり分からないけど、ヒット連発してください」

 

って言ってるのと一緒なんですよ。
自分が出来ない事を外注化したところで、
その外注さんを誰が指導するのかって話です。
そんな風に外注化されたところで、

 

外注さんも、バットを縦に振ってみたり、
怖くてバッターボックスに立てなかったりしますよ。
そんな風ではもちろん、ヒットなんか打てません。

 

利益に繋がることって大抵その業務で
一番大変なところだと思います。

 

なので、まずは利益を上げるのに関係ない、
誰がやっても一緒なものを外注化して、
空いた時間を使って利益を上げる力をまずは自分が付ける。

 

力がついたら自分のコピーとして外注さんを育てる。

 

この流れがスマートですね。

 

まずは、誰がやっても出来る作業を
外注化して、空いた時間を利益に繋がる
作業に費やして力を付けていきましょう。

 

それでは!