日常

ICL手術の費用は?所要時間は?当日の流れや感想まとめ

こんにちは、渡辺です。

月曜日にICL手術を受けてきました。

ICLを受けるための検査についての記事はこちらから

早速手術の結果からご報告させていただきますが、

手術前0.1無い(片目につき) → 手術後1.5以上(片目につき)

まだ翌日検診時点での視力具合ですので、もしかしたら安定するまでに多少変化があるかもしれません。

ですが、ほぼ何も見えない世界だったものが、遠くの木の葉っぱの1枚1枚まで見えるほどに視力が良くなりました。

いやぁ、まじで世界が変わって見えます。

いままでコンタクトやメガネを使っていたので、もちろん見えてはいたのですが、

眼鏡は度数を強めると、長時間つけているときに疲れを感じ、
コンタクトはメガネに比べて疲れにくいですが、目が乾きやすく、夜になるとつけてられないくらい乾く時もありました。(コンタクトの種類によるかもしれないが)

所要時間は

病院滞在時間が3〜4時間ほど
手術時間が15〜20分ほど?

だったと思います。

ということで、今術後2日目になりますが、

ICLの体験記をお送りしていこうと思います。


到着

僕が受けた病院がここ

品川近視クリニック

どこがいいかわからなかったんですが、とりあえずHPに症例が多いと書いてあったし、値段もほかより2/3くらいの料金だったので、ここを選びました。

到着して受付を済ませました。手術が13時からの予定で、30分前から少し検査をするとのことで、12時半集合。

ローンを組む場合は更に30分早く来てほしいということで、12時集合になりました。自分だけだから集合ではないのか。

ということで12時に到着し、待合室へ。

Wi-FiがあるのでWi-Fiにつなぎパチパチ仕事して待つ。

呼ばれない。

呼ばれない。

ようやく呼ばれたのが12時40分頃。。

検査

あれ?ローン組むからって早く来たのでは・・・


という思いを抑えつつ、手術前の検査(機械除くやつ。眩しいやつと、目に風来るやつ)をして、目薬をもらいました。

瞳孔を開く目薬をし、別の目薬を手渡される。この目薬は10分おきに手術まで指してくださいとのこと。

そして、目薬が効いてくるまでの間にローンを組むということで、受け付けに行き、用紙を記入。

ローン会社の方から病院に入電があり、電話を代わり、間違いないか確認されて確認終了。

ローンはなんと手数料0%とのこと。

であれば一括で払う意味を見いだせずローンを組むことにしました。

僕の場合は両目で47万。

もっと視力が-5を超える人や乱視の人はもう少し高くなるようです。

前回の検診終わりのレンズ発注時に20万払っているので、残り27万。ドコモのクーポンを使って2万引になったので25万が残りの金額でした。

誰かの紹介クーポンを持っていると5万引とのことで、42万で受けられるようになるとのことでしたが、周りにいませんでした。

僕も紹介できるので受けたい人はご連絡ください。

紹介者にもアフィリ報酬が有ります(笑)

支払関係の受付が終わると荷物をロッカーに入れて別の待合室へ。

手術室は通信機器の持ち込みが禁止とのことでスマホもロッカーへ。

いや〜いよいよだなぁ、という感覚になってきます。

そこで、手術後にかけるメガネのサイズを選び、髪の毛を覆う帽子をかぶり待ちます。

10分〜20分程して看護師さんが。

かわいい看護師さんが多いですw


違う緊張の中今後の流れの説明を受けながら、また目薬。そして、家で指していた目薬を返却。

今までの手術経験や飲んでいる薬の状況などを聞かれ、また待ち時間。トータルでけっこう待たされたので途中ロッカーに行き、KIndleを取り出して読んでました。

そして、ようやく呼ばれ、別の待機所へ。

そこではオペをされる先生のご挨拶が有り、オペ前に軽く検診をしてもらいました。女性の先生でした。

手術室前の椅子に移動し、また目薬(麻酔だったかな?)をされ、目をつぶってお待ち下さいとのこと。

10分程待った頃だろうか。

いかにもオペしそうな全身青い手術着?の男性の方が呼びに来る。

あれ?女性の先生じゃなかったのか・・・?

手術開始

いよいよ手術室へ。

入ってまず思ったのが

寒!!!!

ということでした。理由はわかりませんが、めちゃくちゃ冷房が効いてました。半袖なのでめっちゃ寒い。

ちなみに6月ですし、気温も25度くらいなので冷房をガンガンかけてるのではないはずです。

おそらく先生が熱い人なのでしょう。

先生「ちょっと暑くない?冷房強めて」

助手「え、先生、だいぶ冷えてますよ?」

先生「バカヤロー!熱い気持ちで手術するんだから汗が患者の眼球にガンガン垂れたらどうすんだ!コノヤロー!」

助手「す、すいません!!」

こんな感じだと思います(違うと思います。)

という小話は置いておいて、冷房がガンガン聞いている中、椅子に座ります。それから先生から注意事項が告げられます。

「眼球を切ったりするので、絶対横見たり目を動かさないでください。

大変なことになります。」

「(ひえ〜、た、大変なこと・・・になりそうだよな、目切るんだし)」

そんなことを思いつつ椅子を倒され、まずは体にシートを掛けられます。

ほっ。これで寒くない。

片目だけ開いたシートを顔の上に被されます。それから上下、両方のまぶたをテープのようなもので開いた状態で固定され、瞬きできなくなりました。

さらに、固定器具みたいなものでより開かれるように固定されたのか?という状態でした。見えないのでわかりませんでした。

それから眼前にめちゃくちゃ眩しい光を当てられ、それを見てくださいとのこと。

「ま、眩しい、見れない・・・」

「大丈夫です。見てください。」

ドSな女性の先生の指示の下、耐えながら光を見ると手術がスタートしました。

そこからはよくわかりません。眩しい光だけが見え、横ではキュンキュンと音がしています。

これ、けっこうまっすぐ見てるのが辛い。

やってみるとわかると思うんですが、1点をずっと見続けるのってかなり辛いです。でも、動かしたら大変なことになる。そんなことを思いながらひたすら耐えました。

たまに眼球にドボドボ水をかけられ、しばらくすると

「目が重い感じがしまーす」

「い、痛い・・・」

「痛いですか?麻酔追加しますね」

と、言われると目薬を数滴ドボドボと垂らされ、何かが継続されます。目を切ってるのかな?しばらくすると

「レンズ入れまーす」

とドS先生の合図とともにレンズが入れられていく模様。レンズが入ってくると真っ直ぐを見ているはずなのに、光があちこち移動を始めます。おそらくレンズを入れながら角度を調整しているんだと思います。

不思議な感覚です。この頃になると眩しかった光がレンズのせいか、はっきりとLED?の光源みたいなのが見えるようになり、眩しさはなくなります。

そのままレンズの調整?が行われ、しばらくすると接合中?なのかなんなのかどこからかカウントアップする男性の声が聞こえてきます。

「30秒」

「40秒」

90秒くらい経った所で

「終了でーす」

の声とともに、

「薬をかけまーす」

という声とともに先生がドボドボ水をかけてくる。

終わった。ついに終わったんだ。

そして、

「はい、では逆行きまーす」

「(そうだった・・・)」

そして、反対の目に片目だけ開いたシートを顔の上に被されます。それから上下、両方のまぶたをテープのようなもので開いた状態で固定され、瞬きできなくなりました。

さらに、固定器具みたいなものでより開かれるよ・・・以下同文

手術終了

両目の手術が終わり、シートを取られ、目を開けると、全体が暗くなって見えません。おそらく強い光をずっと見ていたせいだと思います。

疲弊しきった僕は

「お疲れ様でしたー」

と並んで挨拶していただく看護師さんに軽く頭を下げるのが精一杯で、そのまま案内された休憩室に座りました。

頭も視界もボーッとする中、1時間ほど休む必要があるとのことで、リクライニング式の椅子を倒し、少し眼をつぶることに。

休憩室

ようやくゆっくりできてまず思ったこと。

寒!!!!

またしても寒かったです。ただブランケットを用意してくれて下半身にかけてくれたので、看護師さんが退出されたあとそっこうでバッと広げて上半身まで掛け直しました。

手術の疲れもあり、目をつぶったままボーっとしていました。
目を開いても暗くてものはあまり見えません。視力は良くなったような気がする。でも見えない。

大丈夫なのか・・・とたまに確認しながら目をつぶって休んでいました。

「渡辺さん」


1時間ほどすると男性看護師がやってきて声を掛けてきました。1時間経ったようです。

「痛みなどはありますか?」

「いえ、痛みはありません」

痛みの確認の後、今後の流れについての説明を受けました。

  • 翌日、翌々日朝に薬2錠
  • 今日は1時間毎に3種類の目薬を5分毎に目薬を指す
  • 明後日以降は1日5回3種類の目薬を5分毎に指す


というミッション。

  • 車の運転は3日目以降
  • 1週間飲酒禁止
  • 1週間洗髪禁止
  • 1週間運動禁止(スポーツは1ヶ月禁止)


そして、目を保護する花粉症用みたいなメガネをもいました。これは1週間つけっぱなしです。

それでこの日は解散となりました。(1人だから解散じゃないか)

帰宅

瞳孔を開く目薬をしたのと、強い光をずっと見ていたせいか、周りはよく見えません。いや、見えるんですが、フィルターを通したような見づらさです。

多分瞳孔が開いているせいで手元のピントも会わないので、スマホもピントが会わなくて見えづらい。

おとなしくボーっと電車に乗って帰宅しました。家に帰ってしばらくすると瞳孔が戻ってきたのか、少しずつ手元のピントも合うようになり、パソコンも少し見えるようになりました。

でも集中してできるほどは見えないので、最低限のこと以外は全然電子機器はいじることができませんでした。

そして、寝るときは眼鏡の変わりにプラスチックの眼帯をテープで貼り付けて寝相で目が潰れないように保護します。

目が潰れないように、と意識してしまい、寝相を打つのをためらい、よく眠れませんでした。1週間位はちょっと寝る体制に苦労しそうです。

翌日検診

翌日、目を覚まして眼帯を取り、すぐにメガネを装着。

うちのベランダの直前は小高い丘になっており、林になっています。

「林の木が葉っぱまでめっちゃ見えるー!!」

コンタクトと違い、手術当日は全然見えなくなるので、それとのギャップでかなり感動しました。

そして、翌日検診ということで朝から病院へ。

病院に着くと検査からでした。またかわいい女性看護師さんに出会ってしまいました。

ですが、目に風が来る検査と気球を見る検査、視力検査をして、とうとうお別れのときが来ました(泣)



視力は冒頭にも書いたように、片目1.5以上でした。以上というのは1.5までしか測っていないからです。

それは木の葉っぱまで鮮明に見えるわけだ。

そして、最後に先生の検診を受けて翌日検診は終了しました。

経過は順調とのことです。

ICL手術を受けてみて

まだ3日目ですが、おそらくもう普通に見えてると思います。

あとは1周間はメガネをかけっぱなしなので、眼鏡のせいで少し視野が狭いのと、黒を選んでしまったので、ちょっと怪しい人になっています。

起きた瞬間から全部がはっきり見えるし、何よりコンタクトやメガネと違い、疲れづらいのも良いです。

  • コンタクトを買いに行く手間がなくなる
  • 旅行などでコンタクトやメガネを持ったかなど確認事項が減る
  • 朝コンタクトにするかメガネにするかの意思決定が無くなる


などなど、今後、目が悪いためにしなければならないことをしなくて良くなる、というのはすごい快適です。

旅行に行ってコンタクト忘れた、とかコンタクトが合わなくなってきたけどホテルにメガネ置いてきた・・・とか結構地獄です。

そして、ICL手術は医療費控除にできるようなので、個人の税金が減るようなので、直接的ではないですが、少し割引できて受けられる感覚ですね!

視力が下がる心配もほぼ無いみたいですし、何か合った場合、レンズを取り出すことができるということで、角膜を削るレーシックより利点が多いのが嬉しいですね。

少し値ははりますが、今後視力が悪いことに関する費用がかからなくなるというとことで、長い目で見れば得します。

今の所デメリットと言えばハロー・グレア効果です。

特に夜なのですが、光源を見ると光源の周りに輪っかが見えます。まちがい探して間違いのところに丸がつくイメージです。この例えでわかるか?(笑)

※3日目にはかなりハロー・グレア効果も落ち着きました。

これも徐々に落ち着いてくるということなのですが、今の所、夜になるとあっちこっちに丸がついて見える不思議な感じです。デメリットはこのくらいなんじゃなかと思います。

だいぶ長くなりましたが、どんなことやるんだろう?と僕自身手術前はかなり不安だったので今回体験記として残しました。あなたの不安解消につながれば嬉しいです。

それでは!

-日常

© 2021 元シンパパの物販ブログ Powered by AFFINGER5