計画

副業の時間がない?副業の時間を作るための時間術3選

こんばんは、渡辺です。

副業をしていると「時間が足りない」というのが大きな悩みになってきます。

僕も副業時代、朝は6時には起きて、7時ころに子供を保育園に送り、帰ってきてすぐに会社に向かい、20時頃帰ってきて、娘が22時ころに寝てそこから2時間ほど副業。24時就寝。

ということで、まとまった時間が取れるのは平日で2時間ほどでした。

そこから色々工夫して5時間ほどに増やしました。工夫というか力技で睡眠を削っただけですが(笑)

でも、睡眠を削る前にまずはできることからしてほしいと思います。睡眠を削る以外にもできることはあります。

せどりで時間が足りない、を解決するための3つの時間術を解説していきますので、今時間が足りていない、と感じている方はぜひこの方法を試してみてください。


副業時間術1:本業を早く終わらせる

いきなりの無茶振りですね(笑)

でもこれって僕がネットビジネスをしている様々な方を見ていた中で感じていたことです。副業で結果を出す人ほど、本業でも結果が出るようになっていったのです。

結局本業も副業もビジネス力になります。ここではビジネス力を

  • 仕事を早く終わらす力
  • 仕事で結果を出す力


としましょう。仕事なんて結果の世界ですので、結果を出していれば早く仕事が終わって帰っても職場によるとは思いますが、文句は言われにくいかと思います。文句言われる職場でしたらそれは足を引っ張り合うだけの悪い環境だと思います。

僕は現在外注さんに仕事をふる立場になり、全然ダラダラ長く仕事してほしいと思っていません。

サクッと終わらせてプライベートを充実させてほしいと思っています。

日本の悪い風潮だと思いますが、ダラダラと長く残っていつまでも仕事しているのが良い、みたいなところもまだまだありますよね。そんな風潮に流されず、サクッと仕事を終わらせてササッと帰れる状況を作りましょう。

そのためにはビジネス力を付ける必要があります。

  • 本を読む
  • どうすれば仕事が早く終るのか?結果が出せるのかを定期的に考えPDCAを回し、改善する
  • 人にお願いできる仕事はないか?を考える


など、現状の自分では早く仕事を終わらす力がありません。なので本業にいつまでも時間がかるのです。

今より良くなるためにはより自分を高めていく必要があります。また、すべての仕事を自分1人で演る必要がない場合もあります。うまく他の人にお願いしていくというのも1つの手です。

「そんなこと出来てたらやってるよ!」と思ってしまうといつまで経っても状況は変わりません。

そして、副業なんてそんな状況ばかりです。

  • 資金がない
  • 時間がない


基本的にはそういう状況からみんな初めます。出来るならやってる、という思考ならみんな副業で結果を出すのは難しくなります。今あなたが与えられた状況で何が出来るか?を考えることが大事なのです。

たいてい本業がうまく言っている人は、ビジネス力があるので副業もうまく行きます。

本業と副業の結果というのは関連しやすいので、どちらからで成功すると言うよりは、根本的なビジネス力を付けることが両方を解決するための近道になります。

副業時間術2:スキマ時間を徹底的に有効に使う

暇があればスマホを見ていませんか?

僕も気づくと、ヤフーニュースを開いてしまいます。正直ヤフーニュースを知ったところで、僕の人生が変わることは99.9%ありません。ニュースだけでなく、人によってはゲームなんかを開いてしまう人、SNSを開いてしまう人など、色々いると思います。

その行動は本当に必要か?を考えてみてください。

スマホなんて1度開くと気づくと10分くらい触っていますよね。1日3回それをすれば30分は時間の浪費をしていることになります。時間が足りない、と言っている人にとって30分は大したこと無い時間ですか?そんなことはないと思います。


30分あればせどりでいえばリサーチも出来ますし、店舗せどりの人だって回る店舗の経路を考えたり、予め情報を集めておいて、効率よく店舗を回るための準備だってできると思います。


スキマ時間って馬鹿になりません。今なんてコロナのニュースばかりです。自分に直接関係のあるニュースなら気になるかもしれませが、1日の感染者数がどうとか、もはやどうでもいいですよね。


そんなニュースを見ている暇があったら自分に直接関係のある仕入れをしたり、せどりの情報収集をしていたほうが100万倍有意義です。


スキマ時間、有効に使っていきましょう。



副業時間術3:外注化

これは自分しかできない、と思い込むのではなく、他の人がやれることは?他の人にやってもらうには?と考え、自分はなるべく仕組みづくりに集中して、忙しすぎないよう気をつけていきましょう。

時間は誰にとっても平等ですよね。自分の1時間も、他人の1時間も1時間です。

残念がら自分しかできない、と言う作業は多くはありません。商品をリサーチする、商品を発送するなど、誰でも直ぐに出来る仕事はあります。

そういった仕事を自分ではなく、他人にしてもらうことで、時間を確保できます。

商品の発送に1時間かかっていたとしたらそれを外注化すれば単純に1時間の時間が出来ますよね。暇を持て余している人なんてたくさんいます。


クラウドワークスやランサーズで募集すれば大量に集まります。なので、誰でもできそうな仕事というのは誰かにお願いしましょう。空いた時間で更に仕組みかを勧めたり、自分にしか出来ないことをすることで、自分のビジネスがより大きくなっていきます。

そして、ここからは番外編として、今すぐできる内容をお送りしていきます。

おまけ時間術1:トイレでポチる

もしかしたら王道かもしれませんが、ちょっとした時間トイレに行ってスマホでポチポチすることで少し時間が確保できますよね。自分の席でスマホをいじっているとサボっているように見えますが、流石にトイレまでは見られてないはずなので。

ですが、トイレに入る際はしっかりと鍵を締めましょう。

僕は本業時代、1度鍵を締め忘れて、トイレでスマホをポチポチしていたときに他の人が入ってきたことがありました。

ましてや、それは一番嫌いだった常務。。


向こうも驚いてスマホいじってサボってることはバレませんでしたが、こんなトラブルにならないよう鍵はしっかりと締めましょう。(普通無いか(泣))

おまけ時間術2:睡眠時間

コチラは最終手段ですが、一番手段として楽なのが睡眠時間ですね。(もちろん体的にはきつい)

本業と並行してやっていたときはどうっしても時間が取れなかったので、睡眠時間3〜4時間で頑張っていた時期がありました。やはり体に良くはないので、最終手段です。

僕の体験談で言うと、平日は仕事でスケジュールが柔軟に組めないので、平日に睡眠時間を削り、土日で少し負債を返すという方法をとっていました。

土日は仕事がないので少しゆっくり寝ていられますよね。もちろん土日も子供の相手したり、時間を作って仕事をしていました。

睡眠は大事なので、どこかで足りていない負債は返したほうが良いと思っています。ご自身のスケジュールが柔軟に組める日に少し多めに寝たら良いかと思います。

あとは睡眠の質を上げることにこだわりましょう。

  • いい香り
  • 室温
  • 明るさ

など、環境を整えるだけで睡眠の質が変わってきますので、睡眠時間が確保できないときこそ、睡眠の環境にこだわり、質を上げるようにしてみてください。

僕もよくアロマを炊いて寝てました。最近やってないな・・・


まとめ

本業の傍ら副業を始める、というと9割の人は時間や資金と言ったリソースが足りません。そもそも副業を始めるのは

もっと収入を得たい

と思って始めるはずですので、資金はないのは当たり前だし、大抵「本業 → 帰って寝る」の生活で24時間を過ごしてきているので、

時間がたっぷりあるわけがありません。

ただ、本業で1日8時間とか働いているのに、最初から副業で1〜2時間で数十万稼げるなら本業は必要ないですよね。

つまり副業だからといって楽に稼げるわけでは有りません。最初はそれなりに時間を投下して形を作る必要があります。

そのために日頃から自分の力をつけること、時間の使い方に気をつけることで時間を確保できるようになっていきます。

一番いいのはビジネス力を高めることです。本業も副業も結果出ます。

ぜひビジネス力を高めていきましょう。

こちらの記事もおすすめ

月収100万?50万?あなたが生きたい未来への道筋、きちんと計画していますか?

せどりで脱サラに失敗しないためには?辞める前に知っておくべき失敗する理由

-計画

© 2021 元シンパパの物販ブログ Powered by AFFINGER5