Amazon

売れすぎた?Amazonでページ作成して販売したらわずか2週間で

こんばんは、渡辺です。

5月頃から話を話しを進めていた海外メーカーの商品があるのですが、今月になり、ようやくAmazonで商品をリリースしました。

FBAに商品が入ったのが9/4。

そこからおよそ2週間で40個ほど販売できました。

もちろん他の販売者はいないし、日本ではうちしかそのメーカーから仕入れていないので独占販売です。

今まで既存のAmazonにページがある国内メーカーとも取引したりしてきましたが、最初は利益が出てもあとからあいのりセラーがどんどん入ってきて気づけば利益が出なくなっているなんてことが日常茶飯事でした。

国内メーカーともAmazon独占ができるのは知っていますが、メーカーと商談したり関係値を築くのに時間がかるんですよね。

それに関係値を築いても対応してもらえないこともあります。

自分だけの商品を持つという意味ではOEMも魅力があるのですが、なにせロット数が課題です。

100個からとか1000個からとかです。

もちろんたくさん売ることを前提とはしているので、在庫はあるには越したことがないのですが、最初は売れるか不安ですよね。

僕もこの商品、正直最初は売れるかが不安でした。

なので、商品も最初はそんなに仕入れたくないわけです。

そこがメーカー仕入れのいいところです。OEMとは違い、メーカーのMOQで良いので0のところもあれば、カートン単位など、条件は様々です。

でも、よほど大手でなければ工場に発注する並のMOQを言われることは少ないので、OEMに比べて始めやすいです。

ということで、僕も40個の在庫からはじめました。

そして、思ったよりも売れてしまい、価格を上げてしのごうと思ったのですが、価格を上げても売れてしまうという嬉しいやら悲しいやらの結果で、在庫切れになってしまいました。。

本当は早い段階で発注してもう届いているはずだったのですが、なぜかFedExがメーカーに集荷に行かないということが3〜4日続き、結果的に依頼し直しなどで発送が1週間ほど遅延してしまいました。

こういったトラブルもあるんだと良い勉強になり、早めに発注&多めに在庫を持っておくことが大事だとわかりました。

在庫切れしてしまったせいで、せっかく上がってきたSEOが下がる可能性がある、とかもあるのですが、自分で商品ページを作って売れた、という経験ができただけでも大きいです。なんだかんだ相乗り出品で楽してきてしまったので。。

最初の商品のリリースに4ヶ月かかってしまいましたが、このメーカーはたくさんの種類の商品を扱っているため、早速2商品目のリリースを考えています。

ちなみにメーカーは全然有名ではない(日本では聞いたことがないというところで、その国では知られているのかもしれませんが)メーカーなので、ただ出せば売れるというメーカーではありません。

そのために、色々とリサーチしてようやく出品に至ったという経緯です。

この新規商品のリリースにあたって、クラファンを経験しておいたというのは大きいなと感じます。

Amazonもいまや出すだけではなく、商品ページの出来がコンバージョンにかなり大事になっています。

そうなると商品ページの内容が大事になってくるのですが、クラファンの際に経験したような商品ページづくりの考え方がAmazonページの作成に活きてきたなぁと感じます。

どういった商品ページが売れているのか、売れているページに共通しているものは?自社の強みは?

など、いろいろリサーチした上で商品ページを作成しました。

もっとより具体的な方法についても近日まとめてみたいと思います。

ということで、OEMも良いなぁと感じていたのですが、僕的にはすでにある海外メーカーの商品を販売したほうが楽だなぁと感じました。

商品がすでに存在しているというのと、商品の品質についても、すでに販売されている実績があるので、どういう品質の商品かがすぐにわかります。

OEMだと商品の設計からさらに品質についても販売後に発覚するということもあると思います。

それに比べてそういう段階をすっとばせる海外メーカー仕入れは色々と条件が良いなぁと感じました。

ということで、自分だけの商品を販売したい方はOEM以外にも海外メーカーからのAmazon販売も視野に入れてリサーチしてみると早い段階で販売につなげることができると思いますのでぜひリサーチしてみて下さい。

こちらの記事もおすすめ

食品衛生法とは?輸入物販に使う対象商品や費用などについてわかりやすく解説
個人でも出来るの?クラウドファンディングする商品の探し方

-Amazon

© 2022 元シンパパの物販ブログ Powered by AFFINGER5