初心者との値下げ競争の末路

初心者との値下げ競争の末路

こんばんは、渡辺です。

Amazon販売で利益を上げるのに
大事なのは、Amazonの仕組みを
知ることです。

初心者が陥りやすいのは
「最安ではないと売れない」

という心理。
そして初心者は仕入れ量がまだ少なく、
在庫が少ないため、
なかなか商品が売れません。

そして、早く回収しなきゃ、
という焦りを持ち、
常に売上を確認し、

売れてないから下げてみよう
まだ売れないから下げてみよう

という感じでどんどん
値下げしていきます。

私自身初心者の頃は
そんな心境、行動を
していました。

そんな出品者が同じASINに
いる時に、価格を合わせに
行くかどうかはしっかりと
見極めなければなりません。

例えば週に数回売れる商品なら
1人が下げていても
その出品者の在庫が売れれば
そのうち価格が戻ります。

そこに合わせに行くと、
多少の値下げなら
販売周期もあまり変わらないのに、
どんどんどんどん利益を
削るだけになります。

値下げしてくセラーが
いる場合、評価数を見てみましょう。

評価数が10も無いような
販売者はまだシステムを
理解していなく、

常に最安で売り切ろうと
してくる販売者である
可能性が高いです。

その時に感情的に
「うちも下げなきゃ!」

と下げていくのではなく、
商品の売れ方を見て、
自分のキャッシュフロー的に
捌けそうかどうか、

で追っていくかどうかを
判断した方が良いです。

もちろん値下げすることで
多少回転はよくなりますが、
在庫数が少ないのであれば、

週の販売数とかを
きちんと分析出来れば値下げせず
販売できるので、
しっかりと利益を確保できます。

他の販売者が初心者セラーかどうか?
をしっかりと見極めて
価格の調整をしてきましょう。

単純に他の販売者が下げたから
うちも下げなきゃ、
で下げていると、いつまで経っても
低い利益率で苦しいキャッシュフロー
の状態のままになります。

商品の売れ行き、
他がどんな販売者かを
きちんと把握して値付けしましょう。