モノレート終了への対応

モノレート終了への対応

こんばんは、渡辺です。

モノレートの終了が発表され、
転売業界に激震が走りました。

今後ですが、
もちろん似たようなサービスも
終了する可能性も0ではありません。

今のところは
他のサービスの終了の
アナウンスはありません。

過去のデータを知れるということで、
モノレートは有在庫転売をする上で
欠かせないものでした。

これで有在庫転売終わったー
と思うか、乗り越えていくかで、
大きく未来が変わっていきます。

もちろん長年やってきた
プレイヤーであれば、
ランキングによる売れ行きの感覚が
身についていると思うので、
かなり有利ではあります。

初心者ほど不利ではありますが、

参入障壁が出来た = ライバルが減る

と考えれば、モノレートが
無い状況に対応出来れば
結果が出しやすくなるはずです。

とは言え、
対応できる準備できてないよー泣

という方も多いと思います。
なので、今後の対応方について
まとめましたので、
参考になれば幸いです。

【モノレートに変わるツール】

  1. Delta Tracer

おそらくこのまま終了しなければ
使用する人がかなり流れるのではと思うのが
このサービスになります。

Google Chromeの拡張機能で、
インストールすると、
Amazonの商品ページに
モノレートのようなグラフが
表示されるようになります。

スマホではアプリがあるので、
そちらではモノレートのように
使用出来ます。

更には価格の追跡機能も
ついているので、
Amazon刈り取りにも
使用できます。

2.keepa

こちらは海外のサービスです。
Delta tracerと同じように
Chromeの拡張機能として
インストールすると

Amazon商品ページにグラフが
現れるようになります。

価格の推移は無料で見れますが、
ランキングの推移を見るのは有料です。
15ユーロ/月

海外のモノレートが閉鎖された後も
生き残っているサービスですので、
当分日本でもそのまま使用出来る
可能性が高いかと思います。

【手動で対応する方法】
3.商品リストを作成しておく

現在作成済みの商品リストがあるなら
いくらで売れる、どのくらいの期間で
売れる商品か、というのを一緒に
記載しておくことで、

今後そのデータを参考に仕入れることが
出来るようになります。

モノレートが見れなくなった後に
発売される商品に関しては、
その都度、売れたデータを更新することで、
自分だけ確認できるデータとなるので、
ライバルとの差別化にも繋がります。

4.今のうちにランキング毎のおおよその
販売数を控えておく。

カテゴリー毎のランキングによって、
どのくらい売れるかは結構変わるので、

このカテゴリーのこのくらいの
ランキングは月におよそ
何個くらい売れる、
というデータ表を作成しておきます。

Amazonランキング自体は
今後も表示されるので、
売れ方は変わりません。

なので、ランキング毎の
売れ行き感を把握することで、
仕入れられるようにします。

過去のデータ見られないことは
有在庫ではかなりきついですが、
どんなビジネスでも、
転換点は来てしまうと思います。

レンタルDVDが当たり前だったのが、
ビデオ配信が当たり前になったり、

最近では印鑑不要という話も出ています。
そうなると印鑑業者は困りますが、
時代の流れなので、仕方ありません。

今回はAmazon自体が
無くなったり、
買い物する人が減ったり
するわけでは無いので、

しっかり対応する方法を
見つけていくことで
乗り越えられると思います。

大変なことではありますが、
時代の流れに対応してきましょう。