イギリスは止めとけ

イギリスは止めとけ

こんばんは!渡辺です。

今日はAmazonで新規アカウントを
作る際の注意点になります。

2019年頃から新規アカウントの作成が
厳しくなりました。

本人確認証が必要になったり、
銀行やカードの取引明細の提出が
必要になったので、
1人で複数アカウントを作成するのが、
出来なくなりました。

ただ、個人と法人では別々の
アカウントを作ってもオッケーとの
ことなので、最近法人名義で
アカウントを作成しました。

昨年辺りからグローバルセリングに
対応した関係で、アカウントを作成した際に、
どの国で販売しますか?

と言う表示が出ます。

読者様は日本での販売が多いと思うので、
もちろん日本だけにしていただければ
良いです。

もちろん私も日本だけ選択しました。

そして無事に本人確認も済み、
アカウントの作成が出来ました。

そして、次にログインした際に、
何故か強制で、またグローバルセリング
の表示が出て、また販売地域の選択になりました。

既に選択済みのせいか、
何故か日本は選択出来ず。

仕方ないので、他の地域も
選択してみました。

すると、1分くらいして
Amazonからメールが。

アカウントを停止しました。
とのこと。

どうしてだ???
昨日は止まってなかったのに!!!

最初は個人のアカウントと紐づいたかな?
と思いましたが、紐づいてはいませんでした。

そして、続々と選択した各国の
アカウント停止メールが来ました。
グローバルセリングは1つのアカウントで、
国の切り替えが出来る反面、

1つアカウントが停止すると、
全部の国のアカウントが停止します。。

たくさんのアカウント停止メールに
混乱する中、1つ1つ見ていくと、

どうやら原因はイギリスAmazonに
あったようです。

イギリスのAmazonのメールだけ
追加の身分証明資料を提出しなければ
アカウントが再開出来ないと書いてありました。

日本のサイトにはイギリスAmazonの
情報が無かったので、イギリスYahooで
検索したところ、どうやらガスや水道などの
領収書の提出が必要とのこと。

提出してみましたが、
ガス、水道など個人名義で
契約していたせいか、認められず。

イギリスAmazonのセラーフォーラムでも
資料を出したが認められなかったと言う
イギリスセラーの情報もありました。

追加でより新しい日付のものを
提出してみましたが、
もはや2回目にして返信もされず。

と言うことで、こちらのアカウントは
開設早々天に召されました。

新しくアカウントを作成する際は、
日本で販売を始める場合、他の国は
選択しないように注意してください。
(特にイギリスだと思います)

本人確認に数日かかった
アカウントが1秒で召されます。。

P.S アカウントは止まっても
月額使用料はきちんと請求されました。

P.P.S グローバルセリングは国毎の
月額ではなく、1つのアカウント料だけ
払えば良いはずなのですが、

各国の使用料の請求も来ました。。
アカウントも止まるし、請求もくるし
さすがです。