メルカリ仕入れ

【利用制限に注意】メルカリでペナルティをもらわないためにすべきこと

こんばんは、渡辺です。

あなたなはメルカリで事務局から
制限をかけられたことはありますか?

私はあります。

「うわ!やっちまったー!」

と思った時には後の祭り。
アカウントの制限には2種類あります。
・24時間、購入、コメントの禁止
・無期限での購入、コメントの禁止

では、どう言った時に
制限がかかってしまうのか?

多くの取引をしていますから、
もちろん両方とも経験済みです。
ドヤ!
(※自慢できることではありません)

では私が今までどのようなパターンで
制限にかかってしまったかを
お伝えしますので、同じ状況に
ならないよう注意してみてください。

一番多いのはこちらかと思います。

「取引キャンセル」

商品を購入した後、
よくよく商品ページを確認してみると、

「あ!よく見たらこれ説明書ない・・・」

など、付属品の欠品、
実はジャンク品だった。
画像と商品説明の商品が違っていた。

などで、「うわー、キャンセルしよ・・・」
と思ったことが1回はありませんか?

こんな感じでキャンセルをしたくなり、
取引相手にキャンセルを申し込むと、
場合によってはペナルティとして、
制限がかかることがあります。

キャンセルには制限がかかる場合と、
かからない場合があります。

その違いは何か?

それは、こちらが原因ということで、
キャンセルになると、「迷惑行為」
ということで、制限がかかりやすくなります。



では、具体的にどうなると、
迷惑行為になってしまうのか?



キャンセルは、出品者が取引画面から
キャンセルの理由を選択します。
・購入者が誤って購入した
・商品が無い
・出品情報や商品に不備が見つかった
・購入者と同意している

以上4つから選択をします。
この中で、

「購入者が誤って購入した」

を選択してキャンセルをすると、
購入者が迷惑行為をした、
ということで、購入者に制限がかかる
可能性が出てきます。

絶対では無いようで、
頻度や、何回目かなどにより、
制限がかかる、かからない、
が判定されているように感じます。

逆に

「商品が無い」
「出品情報や商品に不備が見つかった」

などでキャンセルする際は
出品者の迷惑行為となり、
出品者に制限がかかる可能性があります。

基本的にキャンセル自体は
双方の合意が必要になりますので、
一方的に出品者が理由を選択して
キャンセル出来るわけではありません。

出品者がキャンセルをすると
購入者に上記4つうちのいずれかの
理由がきちんと表示された上で、
キャンセルに同意しますか?

と表示されますので、
きちんと理由を確認しましょう。

こちらの間違いで購入してしまった場合は、
ペナルティ覚悟でキャンセルしてもらうか、
ペナルティを避けるために、
ミスを受け入れて取引を継続するかを
選択するようにしましょう。

しかし、気をつけたいのが、
出品者のミスで取引キャンセルする場合です。

出品者都合なのに、
こちら都合でキャンセルする人もいます。
なので、きちんと確認せずに合意すると、
出品者が悪いのに、こちらに
ペナルティがかかってしまいます。

出品者都合でキャンセルする際は
必ずキャンセル理由を確認してから
同意
する様にしてください。
そうしないと何も悪く無いのに、
制限がかかってしまいます。

もし誤って合意してしまい、
制限がかかってしまったら、
事務局に問い合わせてください。

事務局が出品者都合だと確認できると、
制限を解除してくれます。

が、時間がかかるので、
数時間は使用できなくなるので、
要注意です。

無期限での制限がかかったのは、
複数アカウントがバレてしまった時でした。

こちらはアカウントによっては
アカウントそのものにログイン不可に
なってしまったものもあれば、

ログインは出来ても購入、コメントが
無期限で出来ない状態なので、
実質アカウントが閉鎖に近いです。

複数アカウントはバレないように、
注意してくださいね。

しっかりと商品を確認して購入していれば、
こちらのミスでのキャンセルは発生しないので、
制限にかかることはありません。

なので、制限にかからないように
するためにはしっかりと商品を確認してから買う、
ということを徹底すれば問題ありません。

購入する際はぜひしっかり確認してから
購入してください。

-メルカリ仕入れ

© 2021 シンパパの電脳せどりで切り開く未来 Powered by AFFINGER5