ここでバレる?メルカリ複数アカウントの運用術

ここでバレる?メルカリ複数アカウントの運用術

こんにちは、渡辺です。

 

週末子供とプールに行ってきました。
いやぁこの炎天下で、少し焼けたようです。

 

それに、最近の猛暑で、プールも
かなり水温上がってました。
ぬるま湯に近い水温で、

 

「うん、全然気持ちよくない。」

 

帰りには、子供が好きな「アイス」
を買ってあげたんですが、
気温が暑すぎて、買ったばかりなのに
もう、ポタポタ溶ける溶ける。

 

また、食べるのがまだ下手なので、
溶けているところから食べないから、

 

「そっちそっち!あ、こっち垂れる!」
「こう、こう食べるんだよ!」

 

なんて騒がれて子供も満足に食べれなかったでしょう。笑

 

夏は日差しの下で子供にアイスを買うのは
止めようと決意した渡辺でした。。

 

前回のメルカリアカウントの停止対策に続き、
今日はメルカリで複数アカウントを運用
していくためのポイントを考察してきます。

 

あなたはメルカリ複数アカウントを
運用して停止してしまった経験がありますか?

 

私は「ノー」です。

 

たまたまではありません。
止まる可能性があることをしていないからですね。

 

ではどういうことをすると
複数アカウントとして、
見なされることがあると思いますか?

 

ここを理解することが、
複数アカウント運用の
ポイントになります。

 

このポイントは、昨日の内容と同じになります。

 

「自分が入力した情報が他の人と同じ
(またはメルカリ的にNGな情報)ではないか?」

 

というところがポイントになります。

 

メルカリで入力が必要な項目は、
・名前
・住所
・カード番号

 

です。ですが、名前に関しては、
同姓同名の人が存在する可能性があるので、
おそらく規制対象にはならないです。

 

ですが、念には念を入れて、
「ひらがな表記」
「ローマ字表記」
なんていう対策もできます。

 

住所は昨日の内容で対処できます。

 

ということは残るのは
「カード番号」
ということになります。

 

カード番号に関しては、表記を変えることが
出来ないので、

 

「複数アカウントで同時に使用しない」

 

ということを徹底すれば、

問題ありません。

 

1方のアカウントで使用する際は、
もう1方のアカウントのカード情報を
削除しておく、ということを
徹底すれば、限りなく止まる可能性を低く出来ます。

 

1番簡単なのは、アカウント毎に
「別のカードを使用する」
ということです。

 

メインアカウントにはAカード
サブアカウントにはBカード

 

としておけば、カードが別アカウントと
被ることはありません。

 

また、IPアドレスを変えるべきでは?
というような意見も見ますが、
僕は別に変えなくても大丈夫だと思います。

 

止まった経験はありませんが、
それでも、スマホで複数アカウントを同時に
使用していますが、止まったことはありません。

 

ということは、IPアドレスまで
厳格に管理している訳ではなさそうです。

 

何かアカウント停止などの情報を
耳にしたら、何故止まったのか?
それに対して、どうすれば対策が可能なのか?

 

1つずつ原因の可能性を潰していくことが

解決の糸口になります。